忍者ブログ

[PR]

2017年12月18日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

JAZZ もどき、その17、Bossa の代表曲、イパネマ

2010年02月13日
getz.jpg    The Girl From IPANEMA

 ブラジル生まれの、ボサノバ、その最有名曲。
 まぁ、何と、気の抜けた弱弱しい唄い方!と、
 その歌声を、最初聴いた時は思ったが、それはお国柄。

 Stan Getz 、ボサノバサックスの第一人者。
 この巨匠の、オールサブトーン?、音色は凄い!

 Getzは、没後13年、死の直前公演レコーディングの、
 People Time を聴いて、大変感動したこと思い出す。

 今朝の一発、IPANEMAは、どうにもこうにも、ド下手。
 Jameyのマイナスワン、テンポの取り方が何故か難しい。それに、ブレスの場所を迷ったり、
 それが、テーマ部で、リズムを崩す要因になったりする。ソロも後半リズム外している。

 キーは、G inBb 、テーマ→2ソロ。大いに反省、更に更に練習を要する課題曲の一つ
 もっと軽く吹かないといけませんな~。 
 




       本場のボサノバ、アストラッド・ジルベルトの唄と、スタン・ゲッツ(若い頃)の共演

PR
Comment
レトロな雰囲気に落ち着きます
最近、立て続けにスタンダードナンバーを聴かせていただき、ごちそうさまです。
こういった曲は、やはりテナーが似合いますね~仰るようにサテンドールもイパネマの娘も少し弾むような感じの曲なのですが、Shimadaさんのテナーだと渋みが加味されて70年代のシネマの雰囲気が感じられます。

しかし、Jazzも持ち曲が多くて羨ましいです。テーマが吹ければアドリブを入れると一曲あたり相当長い曲になりますから、色々なシーンで使えそうですね♪
ほんとに、お耳汚しですが・・
雨月さん、ご厚情のコメント、有難うございます。
私は、殆ど、スタンダードナンバーしか課題にしてないのです、しかも、速いものは指動きませんし。1930年代のジャズなんですな~、好きなのは。
相変わらず、どの曲も、2ソロのみ(苦笑)、バース交換なんて全くできません。
3年前ごろ、ライブハウスのセッションディによく行って、恐る恐る・・、これ等の曲を発表会の積りで、生バンドのもとで、吹かせて貰ったのですが、勿論、大崩です。そういう時は、ピアノやギター、ベースなどのソロが入りますから、1曲終わるのに10分程度はかかりますね。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字