忍者ブログ

[PR]

2017年07月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

徳永英明のカバー曲、その13、「 雪の華 」

2009年02月20日
11760192.jpeg 初めて知る大スター 中島美嘉

 今時の知識に薄いことを恥じる気持ち、多少。
 これも、徳永君のカバー曲で世間を知る。

 中島美嘉さんの 「雪の華」、
 最初は、馴染めにくい曲、とは思ったが、
 じっくり聴いてみると、いい曲じゃない・・。

 それで、彼女の経歴調べたら、
 女優に歌手で大スター、今や人気の最先端?
 2003年「雪の華」大ヒット以降、レコード大賞、
 NHK紅白など連続受賞、出演している。
 それを知らん私は、芸能常識ゼロじゃないか?

 メロディ感覚が、ちょっと違う    

 これが今様、若者が好む音の流れ?
 突然予期せぬ音が現れたり、飛び、並んだり。
 60歳代には、手強いが、まず知ることが先決?
 

 「 雪の華 」 作詞 Satomi  作曲 松本良喜

のびた人陰(かげ)を 舗道に並べ
夕闇の中をキミと歩いている
手を繋いでいつまでもずっと
そばにいれたなら泣けちゃうくらい

風が冷たくなって 冬の匂いがした
そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる

今年、最初の雪の華を 2人寄り添って
眺めているこの時間(とき)に
シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない
ただ、キミを愛してる 心からそう思った 
 (2番以降省略)

「 雪の華 」 練習していると、いい曲だな~、と感じはじめ、フルコーラス5分少々、
チョット長過ぎるが、全部テナーで、チャレンジ感覚でした。
  

PR
Comment
中島美嘉
私は毎年紅白は未だに見ていますが、中島美嘉は全く記憶にありませんでした。見ていて見ていない状態です。
YouTubeで歌も聴いてみましたが、テナーでその雰囲気がよく出ていると思いました。
このような最近の歌にまで手を伸ばせるshimadaさんに近付けるか、目標にして頑張って行こうと思います。
manchanさん、全く同感
女房が、いい歌だ、というので、やってみたのですがね~、
その歌手のこと、全く知らなかったです、どこにも記憶に残ってない。
「吾亦紅」や「愛のままで」は、紅白でも、よ~く覚えてますが、聴く前に敬遠するのかな~?
これは年寄り組に共通してる?

何でも食わず嫌いになる前に試してみると、これが結構美味いんだな~、
今回やってみて・・、反省。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: