忍者ブログ

[PR]

2017年12月18日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

JAZZ もどき、その3、真冬の SUMMER TIME

2010年01月20日
gar.JPG 原曲は、オペラ 「ボギーとベス」 の 子守唄

 あの有名な、George Gershwin、没後70年超。
 ミュージカルやジャズの著名作曲家と思い込んでいたが、
 クラシック出身と、この度初めて知った。

 その作品の1つ、知る人が多い Summer Time 
 幾多の著名ジャズ奏者が演じているので、発祥はジャズ?、
 元来音楽好きだったが、オペラが原曲とは、つい最近。

 Summer Time は、このブルージィな曲調が好きで、
 早い時期のレッスン課題曲に入れて貰っていた。
 ブルース同様、1コーラス16小節、
 私には分かり易い気がしたが、実は難しい奥の深い曲。

 Summer Time、この曲の根元にあるところ、
 1930年代のアメリカ、
 子守唄とは云え、富豪の子供を子守する黒人奴隷、
 その悲哀とか哀調が、演奏表現できれば良いが・・。
 
 またまた難しい曲をテナーでチャレンジ。
 この曲も、いろんなキーやテンポで演奏されているが、
 私が持つマイナスワンは、テンポ115程度のスイング調。

 スローテンポは、吹き易い、と、一瞬安心感はあるが、実は、これが難しい。
 まず音の良し悪しがモロに出る、長音符の処理を どうすりゃいいの?、など、演奏中に考えてしまう。
 この辺だな~、バラードが容易に吹けないのは・・。
 ヘボほどスローテンポが難しいと、今頃良く分かり、しかし、速いと指が回らない、二重苦、三重苦。

 今日も朝から練習、どうもうまくいかない、まずピッチ、オクターブ上は上ずるし、低音は下がり過ぎ、
 B音は、出にくいし。リードは、ビービー、いろいろ取り替えたり、いよいよ楽器(テナー)の調整時期?、
 そう云えば、1年半ほどやってない。過去は、半年ごとに小まめにやってたが。

  今回の Summer Time、マイナスワンに合わせて、テーマ2回→4ソロ→エンディング、
  キーは、Am inBb。長音があると、どうしても動きたくなって、デタラメな音を入れてしまった。



  辛口コメント大歓迎ですので、どうぞご指導下さい。
  再度聴いて、本人が赤面するほど下手、これが実力ですけどね~、
  再度練習して、これこそ貼り換えないと!    
PR
Comment
スローテンポ
このように吹けること自体が私の目標ですので、コメントすることも何なのですが、プロの演奏と聞き比べた時、以下の感想を持ちました。
・もう少し、深い音感の音が欲しい
・アクセントがもっと付いているとよい
私も早くこのようなものに取り組みたいですが、他の課題が山積で、せめて、今年中に1曲はと思います。
manchanさんへ
コメント、有難うございます。
こういうお言葉が実際欲しいのです。
ヘボで下手なのは、本人が痛感して乍、音源UP、
こういう刺激を自分に与えることで、モチベーションや、スキルUPに繋がれば、と思って、今、精を出してやっています。
これが1年続けば、良い方向になるかな~?
深い音感、これは時間かかる、吹き込んで吹き込んで、少しずつ上に上がる?
アクセントは、気を付ければ少し改善可能?
プロとの比較、これは・・、かなりかなり辛いですよ~(笑)
TouTubeでsummertime
典型的なジャズ曲になると、YouTubeでもサックスの曲がいろいろ聞けますね。アルトですが、こんなのもありました。
http://www.youtube.com/watch?v=AbXauqq9ayY
You Tube
manchan殿、再度どうも~。
You Tubeは、テナーもアルトも良く見て聴いて、チェックしているのですが、
これは、見落としてました。
神様、チャーリーパーカーじゃないですか!
珍しくメロディアスに吹いてますね、凡人には真似できない神業らしいです。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字